南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

18週目の超音波検査 その2

さて、超音波検査の内容ですが

赤ちゃんのサイズ(頭頂から臀部までの長さと重さ)
手足の指(ちゃんと5本ずつあるか)
心臓の確認(ちゃんと機能しているか、穴がないか等)
脳のチェック(水が多すぎないかとか、前頭葉だかどこかの大きさ等8つのチェック)
腎臓のチェック(腎臓の数。機能しているかどうか)
鼻骨のチェック(ダウン症の胎児は、この骨が通常より薄いらしい。
          でも、一般的に日本人は白人より鼻低いと思うんやけど)
上腕・大腿骨のチェック
脊髄のチェック(ちゃんと31個骨があるか、数えるんやって)
へその緒のチェック

といったところです。
現在の大きさから、出産時の体重や、大人になってどれくらいの身長になるか
予想がつくらしく、わたし達のベビちゃんは3200gくらいだろうと言われました。
さて、おっちゃんの予想の正否はいかに??^^


ベビーの様子については、『ノーマル(正常)』という言葉を使うのは禁じられとるそうです。
(後で、何かあったときに訴えられたりするから)

やけども、おっちゃんは
「fineとしか言ったらダメなんですよね~。
でも僕はあと2ヶ月ちょっとで定年だから言っちゃうよ~ん。
この子はノーマルでーす。どこをとってもばっちり☆」やってさ。

定年後でも訴えれると思うんやけどな!?


性別については、生まれるまでのお楽しみにしました。

ところが、これまたベテランのおっちゃんはすぐにわかったらしく
わたしがトイレに行っとる間に、John君に
「ほんとに知りたくない?? 気が変わったら言ってね」と何べんも言うてたそうな。

何となく、picaたちの予想は男の子です。さてさて。

最後に、John君にプロープ(お腹にあてるヤツね)を握らせ、ラストショット。
おっちゃん、なかなか粋なことをするやんか^^

計3枚の写真をお土産にもらいました。
(何年か前までは、WCHでもDVDのサービス(10ドル)やっとったらしいです。)

そのうちの1枚。親指を吸うとります。身長は19センチです。
e0112883_1242108.jpg

[PR]
by hopjican | 2009-04-18 12:25 | オーストラリアで妊娠&出産