南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

産後

オーストラリアでは、新生児は包まれてます。
e0112883_17145772.jpg

こんな風に。(むしろもっとタイトなことが多いです。ミノムシみたいに。)






それが、みずきの場合はしばらくするとこうなります。
e0112883_17163366.jpg

いやはや、赤ちゃんの腕の力ってすごいんなぁ~。
かなりきつめに包んどっても、大抵こうなっとんやもん。





産後の経過は上々です。
母乳が思うようにでてくれんのんが悩みの種やけど。。。

うーん、おそらく食生活に問題ありなんはわかっとります。
どのウェブサイトみても本読んでも(日本のね)
『母乳のためには和食中心に…』て書いてあるもんな。

やけどここはオーストラリア。
家事に育児にこれ以上ないくらい献身的なJohn君に
野菜の煮物やら薩摩汁を作ってくれとはとても言えませぬ。。

糖分を控えるのと玄米ご飯を食べるくらいが精一杯です。

オーストラリアでは母乳育児をめっちゃ奨励しておりますが
わたしのお世話になったWCHでは、それはもう一種の宗教のように、
「母乳、母乳」と言われましたん。

その割には、食生活の注意点やら乳管開通の方法やらは教えてくれず。。。
ただただ、吸わせ方を教わるばっかり。

ま、それで大抵はオッケーってことなんかもしれんけど
そんなわけで、わたしも赤ちゃんが吸うてくれたら普通に出るもんやと思とりました。
これが大きな間違いで(-_-;)


退院した翌々日の夜、
何回授乳してもすぐにみずきは泣き出して、ほぼ徹夜状態で一夜を過ごし
次の日、助産婦さんの訪問サービスで体重量ったら、かなり減っとって
おまけに黄疸っぽい症状まで見られ、WCHに逆戻り。

そん時うちに来てくれた助産婦さんが母乳教(笑)の信者でして。
粉ミルクは最悪の選択とまでおっしゃいましてん。
出るようにいっぱい吸うてもらえとか、搾乳ポンプを使えとか
そういうアドバイスはくれるんやけど
ほな母乳が出るようになるまではどうしたらええかについては何もコメントなしやってね。
John君もわたしもあんまりええ印象はもてませんでしたわ。

その2日後に来た助産婦さん(これも母乳教の信者)には
母乳の出を良くする薬を勧められたし。

副作用のある(多分ホルモン系)の薬を使って母乳出すんが
粉ミルクを与えることよりもええことやとはどうしても思えず。。。

結局、黄疸は問題なく、そん時に診てくれたドクターが
粉ミルクを与えることは、悪い事でもなんでもないと言うてくれたんで
今のところ、粉ミルクと母乳の混合です。

ありがたいことに、みいなちゃんに教えてもらったマッサージやったりして
徐々に量は増えてきたみたいで毎回粉ミルクを足さんでもええようにもなりました。
このまま増えてくれたらええんやけどなぁ。

土曜日にはラクテーションコンサルタントなるものに行ってきます。
なんかええこと教えてくれるやろか。。。
[PR]
by hopjican | 2009-10-01 20:46 | オーストラリアで妊娠&出産