南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ビーフ テンドン

むしょーにおでんが食べたくなりまして

練り物系や野菜はマーケットで買い揃えたんやけど
どうしても探しきれんかったものかつ、おでんに絶対必要なもの。

それは、


牛スジ。


そもそも牛スジって英語で何て言うん?
というとこからリサーチ開始です^_^;

色々調べた結果、
tendon(テンドン:doはオの口でアと発音。実際の音は、テンダンとの中間くらい)
が一番、おでんの牛スジのことを言うとんかな~と。

アキレス腱もachilles tendonやし。
おでんの牛スジって、ずばりここやろ?

他に、gristle(グリスル)やstrip(ストリップ)なる語も見たんやけど

gristleは軟骨質のすじで、部位はどことは決まってなく
(たまにビーフパイにはいっとるらしい)
stripはとにかく、細長い状態の肉らしいということで
肉屋で聞くなら、tendonかと。

で、ベトナム系の肉屋にならたいがいあるという情報を元に
woodvilleまで行ってきましたがな^^

サバーブはわかっても、具体的にはどこに行ったらええかさっぱり。

メルボルンのリッチモンドのようなベトナム人街を想像しとったんですが
そこはやっぱり、アデレード。
あの規模は望むべくもなく。。。

行ったとこがずれとったんかもな。

さまよった挙句、なんとかそれらしきグローサリーを見つけ
入ったら、ビンゴ♪

あった、あったよぅ~! 牛スジが!!
びよ~んと長い、真っ白のが!!

マッスルも勧められたけど、牛の筋肉って、どこなん!?
と謎だったため、牛スジのみ購入。
ちなみに、tendonで通じました(嬉)

しかも安っ!!
肉以外も、お野菜その他、いろいろ安うて
ベトナム系グローサリー、侮れんっ。

けど、車で往復1時間もかかるんで
そんなにしょっちゅうはこれそうにないわ。残念。


さて、購入しました牛スジですが
もちろん、日本のように細切れにはされてませんわ。
コレを切るんが一苦労。かったい、かたい。

で、煮込むこと2日。
煮込まれたそれはまさしくおでんでよく見るアイツ☆☆

ああ、woodvilleまで行ったかいがあったわぁ(号泣)


帰り道を運転中、
近所の個人経営のお肉屋さんなら
牛スジなんて捨てるとこちゃうんかな~。
ほな、足繁く通って、牛スジとれたら譲ってもらうんも手か

とか

tendonは、筋煮込みに使うには、肉がなさすぎなんで
そんなときはgristleとかstripのほうがええんかな~

とか色々考えました^^

もっと肉のついた牛スジをゲットしたことある方、
情報をお待ちしております^^
[PR]
by hopjican | 2009-02-28 23:32 | food