南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:movie( 10 )

e0112883_205324100.jpg
久々に映画、というてもDVDやけどもさ。

ジョニーデップのやつです。

大人になったアリスが不思議の国に戻って繰り広げる冒険のお話
っちゅーところでしょうか。
不思議の国のアリスやのに、ジョニーデップの帽子屋がめっちゃ主役扱いですけど
好きなんでアリです。

これはこれで、楽しく観させてもらいました。
ファンタジーものは、訳がわかればオッケーやと思てますし^^

アリスの女の子は知らんかったですけど、ちょっとグヴィネスパルトローを
思い出させる感じです。
脇役の配役がイギリス映画好きの人には楽しいかと思われます☆

チェシャネコもかわいかったし。


それにしても映像がキレイで、映画館で観たかったなぁ。。

おまけのメイキングを観て思ったんですけど、ほとんどの背景だけでなく
登場人物やら衣装もCGなんね。
こんなことまでCGでできるんや!といまさらながら感心しました。

そして、CGを合成するように、緑一色のセットでお芝居ができる
役者さんたちはすごいわ。



最初は興味なさそうにというか、しゃーなしで一緒に観てたジョン君も
終わった頃にはよかったって言うてたし。(もちろん、不思議の国のアリス読んだことなし)

長すぎず、すっきりまとまってるのも悪くないし。
ジョニーデップは原形とどめてないけども、あの人の場合
珍しいことでもないし(^_^;)

気楽に楽しめる映画かと思われます。
[PR]
by hopjican | 2011-02-27 21:05 | movie

グラン・トリノ

クリント・イーストウッドの『グラン・トリノ』のDVDを観ました。

いや~、久しぶりにDVDで泣いたわ~。
クリントさん、かっこよすぎやで(≧∇≦)

この人の映画って、なんちゅうか、独特の雰囲気がありますよね。
一般的なハリウッド映画とは確実に一線画しとるし。
扱う内容もちょいと重めで、最近の作品では特にハッピーエンドのものは
ないんやけど、ただ悲しいだけでもないし。

グラン・トリノもそんな感じの映画です。

観終わった後で「ええ映画つくるなぁ。。。」としみじみ思いましたん。


ちなみに俳優としてのクリント・イーストウッドはこの作品が最後やそうです。
今後は監督業に専念するそうな。

79歳でまだまだ現役っちゅうのもかっこええよね☆
いや、いつまでも元気で活躍して欲しいもんですわ。
[PR]
by hopjican | 2009-09-19 23:58 | movie

Slumdog Millionaire

今更ですが、『スラムドッグ ミリオネア』、日曜日に観てきました。

さすがアカデミー賞をたくさん受賞しただけあって、かなりのロングランです。

picaとjohn君は、観たい映画はいっつも終わりかけの空いているときに
観にいきます。そのほうが、ゆっくり座れて楽チンやからです。


さて、この作品ですが、ストーリーは単純やし
英語じゃない会話は字幕がでるんで、わかりやすかったです。

スラム出身の若者が『クイズ・ミリオネア』で最後の問題までたどり着いた。
彼ははたして、カンニングしとったんか?天才か?それは運命やったんか?
で、1問ごとに、なんでその問題の答えを知っとったかが
過去を絡めて語られるわけです。その彼の人生がすごいんね。

インドって、ミリオネアの人数が確か世界一多いんでしたっけ?
でも、一方でスラムで生活をしてる人もめっちゃ多いんよね。

ほんでも、スラムで逞しく生きる子供達がめっちゃかわいかった♪
お目目、きらきらっすよ(*ノωノ)キャッ
ええ仕事、してますな。


劇場行く価値、アリの作品です☆
[PR]
by hopjican | 2009-04-02 10:01 | movie

映画祭

ただいま開催中の”アデレード フィルム フェスティバル”

我が家もお互いが観たいものをチェックしたら
この2週間は毎日映画三昧のはずやったんですが
現実は、厳しいのう。。。

とりあえず、土曜日に日本映画『くるりのこと』を観ました。

主演は木村多江とリリー・フランキー。
う~ん、リリーさん、自然体っす(≧∇≦)
水10で見たのと、あんまり変わらん(笑)
飄々としたカンジがええですね。

アデレードで観たからこその感想になってしまいますが
日本らしい映画やなと。

日本人の夫婦の会話とか、家族のつながりかたとか
やっぱりオーストラリアのそれとは違うやん?

日本のこと、ほとんど知らん人が観たら
どんな感想もつんかな~と、周りの観客を見ながら思いました。
「おれ」も「ぼく」も「わたし」も全部、英語字幕ではIやしね。


140分と長めながら、退屈もせず、
内容はちと重めですが、夫婦の会話には下ネタもあり
オージーにもウケておりました(笑)


それにしても、日本語で映画が観れるってシアワセなぁ。。。
居酒屋とかでてくる料理とかに胸キュンのpicaでございました(恥)

そうそう、ABCで水曜日にやってる" At the movie "(映画の評論番組)の
2人を見かけましてんっ。
しかも、デービッドのほうはこの『くるりのこと』を観てたし。

彼的にはどうだったんやろか。


さて、このフィルムフェスティバルは3月1日まで
主にシティのパレス ノバ(他何軒か)で開催中です。
チケットは大人16ドル。その他、お得なパスもあります。

既に何本かの映画は売り切れだそうで。
詳しくはここで確認してくださいな。
[PR]
by hopjican | 2009-02-24 14:31 | movie

Tropic thunder

ベン・スティラーの新作コメディを観てきました♪

ベトナム戦争で英雄的な活躍をした兵士が書いた本が映画化されることになり
集まったのは、落ち目のアクション俳優役のベン・スティラー
コメディ俳優役のジャック・ブラック
オスカー常連の演技派俳優役ロバート・ダウニーJr
撮影が俳優たちのわがまま等で中止の危機に瀕するものの
監督が一念発起して、東南アジアのジャングルで撮影続行。
ところがそこは、麻薬のシンジケート本部があるめっちゃ危ないところで。。。

てなあらすじです。
ちょっとグロいシーンもあるし、Fワードも連発ですが
気楽に観れるおもろい映画です。
予告観ただけで、キャスティングが豪華~と思てたのに
もっと意外なセレブ俳優たちが出とんのもなんかツボ。

日本では11月公開だそうな。

ベン・スティラー好きなら劇場へgo!^^
[PR]
by hopjican | 2008-09-14 22:10 | movie

ダークナイト

バットマンの最新作、観ましたよっ。

この『ダークナイト』のナイト
picaは最初、night(夜)のことやとカンチガイしとってさ^_^;
「夜が暗いんは当たり前やん」とか思てたんですが
knight(騎士)のほうやったんですね。

この手のカンチガイはしょっちゅうなわたくしです(・ω・)


一応前回の『バットマン ビギンズ』からの続きのようですが
見て無くてもまず大丈夫やと思います。
わたくしも、ジャックニコルソンがジョーカーを演じた『バットマン』以来
(それってめっっちゃ昔やん)のご無沙汰でしたん^_^;

さてそのストーリーは、
本筋とは関係の無い話がいくつか絡んでてちょいとわかりづらし。
バットマンの心の葛藤はわかるけど、アクションなんやし
もちっと簡単明瞭でもよかったんではないかと、個人的には思います。

ジョーカー役のヒース・レジャーは圧巻でした。
これから何ぼでもええ映画にでられたであろうと思うと
亡くなったんは、ほんまに残念です。

バットモービルのカーアクションもすごかったな。
迫力あるシーンも少なくないんで、劇場でみるほうがオススメかと。
[PR]
by hopjican | 2008-08-14 22:54 | movie
私が子どものころは、映画はそんなに人気のある娯楽でもなく
田舎には、子どもの足で行けるほど近くに映画館はなかったんやけど
インディ・ジョーンズの3部作は
テレビのロードショーでしょっちゅう放映されとったんよね。

ファンタジー好きやった子どものワタクシは
それはもう、ドキドキしながら観たもんですわ^^

単純に面白い映画やと思てたんで
その新作が出るとなったら、そらやっぱり観とかんとねっ!!
John君にも似たような思い入れがあって
(彼の弟の将来の夢はジョーンズ博士やったらしいしw)
2人とも公開を楽しみにしとったんですよ。


で、感想ですか?

ハリソン・フォード、めっちゃおじいちゃんになってた^_^;
やから、彼のアクションシーンは、バックショットだったり顔が見えん角度やったり
スタント使てるなぁ~っていうんが、まるわかりで。。。

それ以外にもツッコミどころがよーけあったんは、
それだけ自分が大人になったっちゅーことなんでしょう^_^;
元々荒唐無稽なストーリーやし。

最初のほうで、何となく予想する人もおるかもしれんけど
個人的にはあのオチは好きではないです。
まあ、他に持って行き所がなかったんやろうねぇ。

ほんでも、テンポ良く冒険が進むし、迫力のカーチェイスあり
ちょっと笑いありで、娯楽映画としてはええんでないかと思います。
おなじみのテーマソングも健在やしねっ☆

何も考えずに楽しむことをオススメします、もちろん劇場で。
前の作品を復習する時間がある人は、してもええかも。

昔の3作品、もいっかい観てみよかな。
[PR]
by hopjican | 2008-05-28 23:13 | movie

スウィーニートッド 

映画観てきました。
そうそう、ジョニーデップさんが主演のフリート街の悪魔の理髪師とかいうやつです。

もう公開されてからしばらく経つんで、やってる劇場が少なかってさ
時間の都合でブライトンの小っさい映画館に行きました^^

60年代の時代設定の映画に出てきそうな古い映画館で
なかなか雰囲気があってよろしかったんですが
シートはイマイチでございました(T_T)

しかも、2本立てでやねっ
1本目はThe Mistとかいうスティーブン・キング原作の
ちょい怖い系のB級映画を観せられ。。。

これがまた、軍の科学実験だかなんだかで巨大化した虫やら
タコが街を襲うんやけど、その終わりがアンハッピーもええとこでさぁ。

そのくせ2時間もあって、目的の映画観る前にくたびれたわ^_^;

で、お目当てのデップさんの映画やけど
このスウィーニートッドは有名なミュージカルらしいですな。
本編でもデップさんがいっぱい歌ってました。

回想シーンと空想シーン以外は、セピア色がかってるんですが
そこが、バートンさんぽいっていうか、雰囲気ありまして。
その分カラーのシーンが引き立てられておりました。

ミュージカル仕立ての映画ってどうやろって不安やったけど、面白かった^^

あ、血はよーけでてくるけど
あんまりドバドバなんで、逆に気持ち悪くなくなるっていうか
もう、ええかってカンジです^_^;

劇場で観てよかったなと思える映画でした^^
[PR]
by hopjican | 2008-03-09 14:54 | movie

The diving bell and the butterfly

フランス映画です。
邦題は『潜水服は蝶の夢を見る』やって。

フランスのELLE誌の編集長だったジャン=ドミニク ボビー43歳は
ある日、脳梗塞で倒れる。
何週間もの昏睡から目覚めた彼を待っていたものは
ロックトイン症候群と呼ばれる、難病だった。
意識・思考ははっきりしているのに体が全く動かない。
ジャン・ドゥーの場合は左目のまぶたをのぞいて。。。
言語療法士が、唯一動くまぶたでコミュニケーションをとる方法を教え
20万回のまばたきを繰り返し、彼は『潜水服は蝶の夢を見る』を書き上げた。
たとえ体は潜水服を着ているように動かなくても
記憶と想像力は蝶のように自由だといわんばかりに。。。


これ、実話なんね。
あらすじだけ読んだらツライんやけど、実際は暗~くもならんし
お涙頂戴的なんでもないんですよ。ジャン・ドゥーがええキャラしとんです♪

そのジャン・ドゥーを演じるマチュー・アマルリックがウマイっ☆
そしてこの監督さん、ジュリアン・シュナーベルのこと、わたくしは今まで知らんかったけど
過去の作品も観てみようかと思っております。


映像がめっちゃきれいやった。ほんでもって、静かな映画です。
ジャン・ドゥー目線で話が展開するんで、
観客はだんだんジャン・ドゥーと一体化していくんよね。
で、やっぱり考えます。自分やったら?って。
ほんで、一生懸命生きなあかんなあって、やっぱり思いました^^

久しぶりにええ映画みたわ~♪
[PR]
by hopjican | 2008-02-16 23:50 | movie

I am Legend

観ました。
これって、日米同時公開やったんやね。

公式サイトはこちら

SFホラーなんちゅうジャンルを劇場で観ることはほぼ皆無のpicaですが
Johnくんが観たがってね。
知らんかったけど、これの原作はなんと1954年出版の小説で
今回が3回目の映画化なのだそうな。
原作とは結末が違うらしいんで、原作読んでみよかな~と思ってます。。

思ってますんですがね、ちょっとコワイんよなぁ^_^;

さて、映画の方はと申しますと、うう~ん。。。微妙。

いろんな人がレビューで書いてるとおり、後半がイマイチ。
前半は、ドキドキしたり、ええカンジやったんですけど、
後半はね、「え?ええ~?で、終わり?」っちゅーてね。
ツッコミどころも満載やったし、ダークシーカーズは一回見たら慣れるしね^_^;
荒廃したマンハッタンの光景はすごかったけど。

ウィル・スミスさんは好きなんやけどなぁ。


時間も最近には珍しく、短めです。

今回は、無料の券があったんで、2人で1人分の入場料だったんで
まあ、よしとしとこ☆

次は、もうちょっとハッピーな映画が観たいっすわ^^
[PR]
by hopjican | 2008-01-21 23:57 | movie