南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:オーストラリアで妊娠・出産2( 5 )

じゃーん☆

e0112883_22492591.jpg


6月9日、午前1時58分に第2子の女の子を無事に出産しました。

名前は さや です。

予定日よりも1週間早かったのに、すでに体重3.3kg、身長50・5cmありましてん。
早めでよかったわ。

破水から始まった今回のお産は、分娩室に行ってから30分というスピード出産の安産でした。
(水中出産しようと思て、分娩室のジャグジーにお湯張ってたけど
間に合わんかったっちゅうてね^_^;)


さやちゃんは、和の方が強いような気がするけど、どないでしょう?
隣のみずきの生後1日目の写真と見比べてみてな。




e0112883_22531021.jpg
誰に似とんかな~。みずきよりも断然髪は多かったよ。


また出産レポやみずきの様子も忘れんうちにアップしたいとこですが
まだまだ母体も回復中なんで、とりあえず、お知らせまででした。



e0112883_22541758.jpg


[PR]
by hopjican | 2012-06-14 22:58 | オーストラリアで妊娠・出産2

出産準備

日本はゴールデンウィークっちゅうやつですな。
日本におったときは、G.Wのせいで5月はえらい短く感じたけど
アデレードでは普通。めっちゃ普通。てか、まだ2日なんってなくらい。

このごろは朝晩だいぶ冷え込むようになってきて
わたくし、ちょっと風邪ひいたりしてしもたけど、大丈夫です。


さて、そろそろ出産準備せないかんな~。

お部屋のほうは、picaとジョン君が書斎みたいに使ってた部屋を赤ちゃん用にするように
ジョン君が週末ごとに模様替えと家具の配置換えをがんばってくれてます。

わたしたちの寝室にベビーベッドを置こうかとも思たんやけど
ちょっと狭いし、それでみずきがますますわたしたちのベッドに入り浸るようになっても困るしな。

もし夜中の授乳が頻繁になるようなら、赤ちゃんの部屋にシングルベッドを置いて
対処しようかなと。


ベビーベッドはみずきのがあるからええとして
たんすはやっぱりいるなぁ。

10月の帰国のことを考えたら
エルゴ(だっこ&おんぶひもみたいなの。ひもちゃうけど)も買おうかなぁと思てます。


が、それよりなにより、服よ、服。

みずきの時には友達が、新生児~6ヶ月くらいまでの服をた~くさん回してくれたんで
ほとんど買わずに済んだのですわ。

それらはすでによそに回されてるし
今回は冬生まれの赤ちゃんやから、下着とかも長袖いるよな??

とにかく新生児~3ヶ月の服は皆無に等しいんで何とか調達せねば。


譲り先を探してる人、知ってたら教えてくださ~い!!


と、誰にともなく呼びかけてみる。。。(^_^;)


ああ、ベビーカーのカバーも洗わないかんし
出生届の手配もせないかんし
やることいっぱいあるのね、実は。


とりあえず、風邪治してからやな。


e0112883_22335432.jpg
3月に行った動物園にて。少林寺拳法のような手つきやけども(^_^;)なでなでしてるのよ。
[PR]
by hopjican | 2012-05-02 22:52 | オーストラリアで妊娠・出産2

定期健診

前回の、検診の記事は2月だったわ。
いや、気にしてなさ杉(^_^;)


せっかくなんで、ちょこっと経過を書いとこか。


3月の検診は、15分くらいで終わったん。
そのときの血液検査で貧血にひっかかって、鉄分の補給はやってます。

前の妊娠のときも貧血やって、鉄分の錠剤を飲んでたんやけど
鉄剤は便秘になるんよな~。

それで今回は、スパトーンという液体のサプリを飲んでます。
これ自体は、錆びた水道水のにおいがするんで
オレンジジュースにミックスしてな。
(鉄分はビタミンCと一緒にとると吸収率がええらしい)

なかなか高価なサプリなんやけど、これの売りは便秘にならんこと。
ほんまに助かってるわぁ。。と思てたら

その後、今月の検診でもう一回血液検査したら、やっぱりちょいと
数値が低めなんで、鉄分の錠剤もやっぱり飲むことに。
若干便秘気味になってしもたよ。。。


次の検診の時にまた血液検査して数値調べるらしいです。

正常になってたらええんやけど(・ɷ・)


先日の検診では、実際に分娩室見学をしてきましたん。
写真撮らせてもらったらよかったなぁ。

部屋はかなり広めで、どのくらいやろう、20畳くらいかな?
クイーンサイズのベッドがどんっとおいてあって
「だんなさんも一緒に寝られるよ。」って助産婦さんが言うてたけど
一体それはいつの話??分娩中?まさかな(^_^;)

部屋の隅にでかいジャグジーがあって、トイレとシャワーが別室に。
ソファと簡単なテーブルとイスがあって、電子レンジもあったわ。

静かで景色もええし、なかなかのお部屋でございます。

ここで出産した後しばらく休んで、病棟のほうへ移るんよ。
そっちはおそらく2人部屋やと思う。

でね、自然分娩の場合の入院期間は
午前中に生まれたら、その日を1日と数えて3日間。
午後に生まれたら、次の日から数えて3日間という驚くべき短さなんやけど

退院許可はなんと産後4時間から出るんですわ!!

しかも、病院としてはそれを推奨しとるらしい。

特に経産婦の人は家に帰ったほうがリラックスできるから~って
日帰りで退院する人が多いって言うてたけど、ほんまかなぁ??

picaもかなり勧められたけど、悪いけど入院する気満々やから。
そんな、産後4時間で退院とかって無理やって。

欧米人とは体力が違うんやわ、きっと。


ちなみに検診はいまだに4週間に1回です。
日本では28週以降は2週間に1回になるんやっけ?

今日で33週目に突入。
もうね、お腹めっちゃ大きいの。臨月なみ。
下に落ちたもの拾うの、みずきに頼んでたりするし(^_^;)

何かにつけてしんどいけど、寝るときが一番大変なん。

そんな日々もあともう少し。
がんばれ、わたし(>_<)
[PR]
by hopjican | 2012-04-28 20:19 | オーストラリアで妊娠・出産2
今日のお話は、産婦人科の定期健診のことなんで
興味のない人はスルーしてくだされ。


先月あたりに、ミッドワイフリーグループプラクティス(MGP)から回答をもらいまして
なんと、今回はここでお世話になれることになりましたん。

さて、MGPって何なん?っちゅうのを説明せないかんのんやけど
果たしてわかってもらえるようにできるかどうか。

picaは今回もパブリック(公立)の産婦人科でお世話になることに決めたんは
前に書いたよな?
これやったら、出産費用ゼロなんで
個人加入の健康保険に入ってない人はまずお世話になると思います。

公立の産婦人科はアデレードに何ヵ所かあるけど
picaの最寄の病院は、みずきの時と同じ
ウィメンズアンドチルドレンズホスピタル(略してWCH)です。

出産までの検診は、
予約して、待合室で待って、ミッドワイフ(助産婦さん)に診てもらう。。
出産時には、
分娩室で、これまた助産婦さんがお産の手伝いをしてくれる
(産婦人科医はめったなことがないと来ない。)っちゅう感じです。

予約制でも、診察までの待ち時間は結構長いこと。
検診のときは毎回同じ助産婦さんが診てくれるけど、
出産のときは全然別の人、しかもシフト交代で
部屋に来る人がコロコロ変わるデメリットがあります。

それとは別で、
このミッドワイフリーグループプラクティス(MGP)っていうシステムがあるんやけどね、
これは、
1人の助産婦さん(と、サブの助産婦さん)が検診から出産、産後の自宅訪問まで
一貫して面倒見てくれるシステムなんですな。

もちろんお産のときも、この人かサブの人が必ずついてくれるし
検診以外のときに何か異常があったら、やっぱりこの人に連絡するようになってて
24時間体制で受け付けてくれるという。
つまり助産婦さんが1人、専任になってくれるという
公立のくせに私立の産科並みの待遇のよさなんよ。

しかも、毎回の検診が病院ではなくって、自宅に来てくれるん。
これは助かるわ!!

先日、MGPになってから初めての検診があったんやけど
色々話を聞いてたら、単にシステムだけやなくって
妊婦さんの扱い方とかお産の方法とかケアも全然違う。
(こっちのほうが、丁寧で妊婦の立場に寄り添ってる)

picaの担当の助産婦さんはディーさん。
40手前くらいかな。経験からくる自信と貫禄がたっぷりで
かというて偉そうでもなく、フレンドリーで信頼できそうやったで。

前回、納得いかんかったことが色々あったんやけど
そういうのも解決したし。


こんなシステム、そら人気あるやろねぇ。
実は前にも申し込んだけど、入れんかったんよ。
1ヶ月に4人の妊婦さんしか取らんそうで、どうやって選ばれるんかはわからんけど
とにかく、妊娠状態に問題がない人っていうのが第一条件。
後は、、、運か??

希望したら自宅出産もできる(しかもタダ)けど
痛み止めは全く使えんのんで、たぶんそれはないな^_^;



できる限り判りやすく説明したつもりやけど
わかってもらえたやろか?MGPのこと。

うんまあ、どうでもええ人にはどうでもええよな。

でも、これからアデレード(の公立病院)で出産予定の人には
めっちゃお薦めのシステムよ。(でも確実に入れるかどうかはわからん)
とりあえず。
[PR]
by hopjican | 2012-02-01 20:57 | オーストラリアで妊娠・出産2

産婦人科検診2回目

今日は2回目の検診でした。
1回目のこと書いてないけど、こっちでは最初の検診が11週目以降なん。
それまでに、かかりつけのお医者さんで妊娠してるよ~って確認はしてもらえるけど
picaは、今回それすらなかったで。

pica「妊娠したみたいです」
ドクター「市販のテストはやった?」
pica「はい、3回やりました、念のため。それとつわりっぽいのも。。」
ドクター「あ、それなら妊娠間違いないわ。特にテストいらんやろ」

って、そんなあっさりと(>_<) 
最初の産婦人科検診まで、赤ちゃんが無事におなかで育ってるかどうか
かなり不安やったわ。

おなかの張りや出血等、異常があったら24時間受け付けてくれる
ところはあるんやけど、あくまでも自己判断やしな。

みずきのときも思たけど
切迫流産なんていう言葉はないみたいやし、(わたしが無知なだけかもしれんけど)
10週くらいまでの流産の確率は日本のほうがずっと低いんやないかな~と。

それから、何か異常がない限り、内診は出産のときまでないんよ。
確かに気持ちのええもんではないけど、内診でわかることっていろいろあるやん。
なんでやらへんのやろな~って不思議。


ちなみに
2回目の今日は、「調子はどう~?」みたいな会話と
血液検査の結果を教えてもらって、赤ちゃんの心音を聞いて終わり。
血液検査の結果、貧血予備軍なんで、赤身の肉を食べろと言われたpicaです。
それからビタミンDも不足しがちやって。
もうちょっと日光に当たったほうがええらしい^_^;

それでも1日1回は外に出てるんやけどなぁ。。。

次回は1月末。その前に、18週ごろに
出産までに最後となる超音波検査があります。
ここで、色々細かいことを調べるらしい。
性別がわかるんもこのとき。今回は聞く予定なん。楽しみじゃ~(*^_^*)
[PR]
by hopjican | 2011-12-20 20:39 | オーストラリアで妊娠・出産2