南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:オーストラリア ( 9 ) タグの人気記事

さて、妊娠自体が初めてのワタクシ
海外でさらに戸惑っておりました^^

まず、「そうかな~!?」と思ったら
市販の検査薬を買ってきてチェック。
最近のは、生理の5日前からわかるなんちゅう精度のよさらしいけど
あんまり早よやっても意味ないですよ。フライングっちゅーのがあるからね。

で、検査の結果が「!!!」やったら
GPに行きます。
そこで、もう一度検査するんかな~。
picaの場合は、
GPに来るまでに何度も検査をしたことと、つわりの症状が出てることを伝えたら

「あ、それは妊娠だわね。」

と、あっさり一言で終了でした^_^;

で、その後どういうケアが受けられるかや
出産までの流れを軽く教えてくれるんやけど
これがまたややこしいてねぇ。。。

長なるんで、興味のある人だけどうぞ
[PR]
by hopjican | 2008-10-03 16:10 | オーストラリアで妊娠&出産

bridal registry

e0112883_11105531.jpg

ブライダルレジストリーに行って来ました。

ここで、知らん人のためにちょっと解説。

オーストラリアの結婚式では、ご祝儀はありません。

その代わりに、招待客は何かしらのモノをギフトとして贈ることになります。
その際に、式を挙げるカップルがあらかじめデパートなどで
欲しい物をピックアップしてリストに登録します。
ゲストは、そのリストをもらって、その中から自分の予算に合わせたギフトを選ぶ
というわけです。

カップルは自分達のほしいものがもらえるし、ゲストもギフト選びに悩まなくてもよいという
大変合理的なシステムで、これがブライダルレジストリーと呼ばれるもんです。

通常、リストは招待状に同封されるので、ブライダルレジストリーは
招待状を発送する前に行わなければなりません。
今回、pica達が行ったDavid Jonesによると、リストの作成都合上
招待状発送の1週間前には済ませないとダメらしいっす。

ブライダルレジストリーはもちろん無料でできますが
オフィスに行く日はあらかじめ予約が必要です。

e0112883_11194812.jpgオフィスに行くと、ベテランの女史がとても流暢に説明してくれました。もう、ぺらぺらぺらぺらとしゃべりまくるから、めっちゃ疲れて、picaは途中から聞くの辞めたけど^_^;
名前と住所と結婚式の日取り、ゲストの数など定番のことを用紙に記入すると、A4サイズのこんなファイルをくれます。この中を開けてみると








e0112883_11213556.jpg
オススメギフトのパンフレットや記入用紙(左)と招待状に同封するカード(○○でレジストリーしたからよろしくね)が入ってます。カードはゲストの数に応じてもらえます。

e0112883_11233274.jpg
記入用紙はこんなカンジ。ちゃんと記入方法の説明もありして、バーコードとメーカー名、色、サイズ、数量と金額を書くようになってます。
商品は店内にあるものなら何でも登録可能です。

昼食後、早速店内をぐるぐる。
これがまた、楽しい♪ 

だって、欲しいもんを片っ端からリストアップできるんやで?
お財布と相談せんでええし、夢見たいやん? もちろん1ページ目は楽勝でした(≧∇≦)

ただし、気をつけないかんのんがオーストラリアのお祝い事情。
どうもね、聞いた話では、1人平均100ドル前後~なんやって。

やからあんまり高いもんばっかり書いても、誰も買うてくれん可能性が。
けちな人は10ドルくらいのお祝いしか買わんらしいし。おいおい、10ドルって。。。


品数も、ゲスト数よりちょっと多めくらいが必要なんで
大きな結婚式だと選ぶんが大変やろね。

一般的にゲスト数が200を超えると言われるギリシャ人やイタリア人のレジストリーだと
用紙も13ページ以上にもなるそうな。
1ページ20行として、、、260個もリストアップするんかぁ。。。(ーー;)
しんどいなぁ。。。

それに、数合わせにあんまり欲しくないけど手ごろな値段の物をリストに登録してしまうと
そんなんばっかり受取ることにもなりかねんので、そんな駆け引きも必要だったり^_^;

意外と奥が深いウェディングレジストリーです(・ω・)


それはさておき、この日は5時で閉店終了。
レジストリーの完成にはもう一回行かないかん。

また来週~♪
[PR]
by hopjican | 2007-10-13 23:09 | 結婚準備

ビクターハーバー2

さて、ちょいと間が空きましたが
ビクターハーバーの続きです^^

翌朝は昨日よりお天気よくって、気温も高く
行楽日和となりました。
e0112883_1621290.jpg
        ビーチハウスの窓からの景色です。青さがまぶしい♪

朝食後、まずはビクターハーバーのメインストリートへ
e0112883_1653270.jpg
え、これだけ?ってツッコミたくなるほど短いんやけど
スクールホリデーということもあって、なかなか人は多かったです。
写真右上は、オーストラリアでも珍しい、手動式の踏み切りです。
普通の踏み切りのようにバーが上から下りてくるんやなくて
開閉式のゲートを人が動かすようになってます。
1日に数回しか列車が通らんけんできるんよなぁ^^
わたし達は残念ながら稼動しているところは見れませんでしたが。
右下の写真の先に、グラニテ島に続く橋があります。

お昼は近くのベーカリーでミートパイとソーセージロール。
オージーな食べ物にも驚くほど順応性があるpicaです(・ω・)

グラニテ島はもう何度も行ったので、今日の目的地はロゼッタヘッド。
e0112883_16112129.jpg
この丘です。てっぺんまで登れます。
地図上ではロゼッタヘッドという名称で載ってるのに
誰もそんな名前では呼ばずに、ブラフ(断崖の意味)と呼ぶらしいっす。
ここに行きたかったら、「ブラフはどっち?」って尋ねてください^^
e0112883_16142693.jpgブラフは海際なんで、常に風がびゅうびゅう吹き荒れとりますが、傾斜もきつくなく、てっぺんまでは15分といったところでしょうか。登ってる途中、振り返るとこの景色!! もう、ほんま、スペクタキュラー!!と言わずして何と言う!?ってなもんですよ。
この景色は一見の価値アリやと思います。




e0112883_1616142.jpgこのずーっと先には南極が。。。って思うとなんかロマンを感じるやん?
水平線が限りなく広がっていて、ほんま言うことないわ♪

ここに行くまでも眺めのよいドライブコースが続くんで、ビクターハーバーに行ったら、ぜひ寄ってみてください^^
[PR]
by hopjican | 2007-10-04 23:57 | アデレードあちこち

Morialta conservation park

よく晴れた日曜日。
こんな日はどっか行かなもったいない!!
(あれ、先週もこんなこと言うてなかったっけ?)
と言うわけで
Morialta conservation park(モリアルタ自然保護公園)に行って来ました。
シティから車で10分ほどのところにある国立公園です。
e0112883_11235055.jpg公園内には(日本人の公園っていうイメージからは程遠いけど^_^;)ピクニックエリアとハイキングコースや、ロッククライミングポイントまであります。ハイキングコースは滝やダムが目的地になっていて、それぞれ往復にかかる目安の時間と難度が表示されてます。
アデレードはほんと、ちょっと遠出したらこんな巨大な国立公園に行けるところがすごいよなぁ。

e0112883_11271684.jpgpicaたちが選択したのは、第一の滝までの約1.5km。これは道も平坦で比較的簡単なので、子どもからお年寄りまで、もっともポピュラーなコースです。1.5kmで往復約1時間と看板には書いてあるけど、大人なら30分で余裕やって言うてました。




e0112883_11263813.jpgしばらくは、小川にそって歩きます。
空気めっちゃおいしー♪(≧∇≦)
アデレードはほんま、ちょっと遠出したらこんなええとこに来れるんがすごいと思います☆ある意味、かなりゼイタクよな。 
今日は天気がよかったんで、ピクニックの広場もハイキングコースも人がたくさんおりました。







e0112883_11332730.jpg徐々に傾斜がきつくはなるものの、たいした上り坂でもないんで、大人なら余裕です。ここの川は、数年前に大洪水になって、当時あった古い橋はぜ~んぶ流されてしもたんやって。今はこんなにちょろちょろやのに。。慢性水不足のオーストラリアで洪水あったって、にわかには信じられんけどほんまらしい。確かに旧の橋の跡がありました。


e0112883_1134074.jpg←この写真で見えてるところにも行けるようにはなってます。なってますけど、本気登山の構えで行かなあかんらしい。登山はキライじゃないんで、そのうち挑戦したいと思てます。
ロッククライミングのポイントも、このてっぺんあたりにあるんやって。



e0112883_11344027.jpgオーストラリアの国花、ワトルツリーの花です。日本名はアカシア。
へ~、アカシアってこんな花なんやね。オーストラリアのナショナルチームのユニフォームは、どの競技でも、このアカシアの花のゴールドと葉の緑なんよね。何となくイメージと違ってたけど、今は緑と黄色ゴールドを見たら、オーストラリアを連想してまう。慣れってすごいよなぁ^_^;


e0112883_1205671.jpgでもってこれが目的地の滝です。まあね、万年水不足のアデレードやからね^_^;
迫力は、正直こんなもんやけど、滝ってなんか癒される気がするんは、やっぱりマイナスイオンのせい?






e0112883_11565753.jpg


滝は上からも見られるようになってて、こっちのほうが面白そう。ここは2時間半コースやったかな。ほんまはここにも行こうとしててんけど、何と滝からの帰り道、John君の姉一家にばったり遭遇☆子どもたちにせがまれて、彼らと行動を共にすることに。
滝まで2往復もしてしまいました^_^;

素敵な偶然もあり、思いもよらぬ楽しい一日になりました。

モリアルタは近場やし、家族でちょこっと行くのにはええとこやと思います。
運が良かったらコアラも見れるでよ♪
[PR]
by hopjican | 2007-09-02 23:16 | アデレードあちこち

Maclaren vale

結婚式で出すワインを選ぶため試飲しよう!ってことで
マクラーレンベールへ行ってきました。

ワインリストに載っているワインのワイナリーへ気軽に行けるなんて
ゼイタクなことやね~♪

南オーストラリア州には有名なワイナリーがたくさんあります。
その中でもマクラーレンベールは市街地から比較的近くにあり
うちからは車で30分ちょいで着くので、ちょっと思い立ってドライブに行くには
なかなか都合のええ場所なんです。

さてさて
マクラーレンベールというのはワイナリーの名前ではありません。
地域の総称で、その地域には大小63ものワイナリーがあるんですね。
マクラーレンベールと呼ばれる地域に入ると、大きな看板があり
インフォメーションセンターのサインも。

インフォメーションセンターでオススメのワイナリーを教えてもらうもよし
自分の目的のワイナリーへの道を聞くもよし。
もちろん、無料の地図がもらえるので、はしごするのもええですよ。

今日のわたし達の目的は、最初に書いたように
結婚式の披露宴で出すワインの試飲。
というわけで、レストランのワインリスト持参で(^^)
その中の一つ、d'Arenberg(ダレンバーグ)のワイナリーに行ってきました。
e0112883_12524662.jpg
入り口です。
中に入ると、左がレストランで
右がワインセラーで試飲したりワインを購入する場所になっています。
レストランも人気のようで、日曜の午後3時にほぼ満席でした。

さて、わたし達のように試飲が目的の人はワインセラーへ
e0112883_1257326.jpg
左の写真の左手のカウンターで試飲します。カウンターの写真は右側。
一見、オサレな立ち飲み屋のようですね。

e0112883_1259994.jpg試飲できるワインのリストがあって、頼むとこんな大きなグラスにちょろっと注いでくれます。ワイングラスが大きいからちょろっとに見えるけど、あんまり強くないpicaは4杯も飲めば十分です。ちょいと酔っ払ってしまいました^_^;

試飲試飲と言うてますが、ちゃんと買うこと前提で行ったんですよ。
赤も飲みましたが、picaもJohn君も赤は普段飲まないので
イマイチ良さがわからず(・ω・)
白を2本購入しました。ちなみに、お値段は1本11ドルから。
12本以上で10%オフだそうです。
レストランでボトルを頼むと倍近い値段なので
ワイナリー訪問は、そういう意味でもお得なんでございます。

ブドウ畑がこれでもか~っと広がる景色も見ごたえあり♪
日曜の午後にはおすすめのドライブコースです。
[PR]
by hopjican | 2007-08-12 23:12 | アデレードのくらし

1st planing session

本日、第一回目の打ち合わせをしました。

何の?

結婚式のです( ̄(エ) ̄)v


ビザがおりないことには正確な日取りも決められないのだけど
どこで結婚式をするか、披露宴はどうするか、どんなことをするか
等の話を具体的に進めることにしましたの。

まずは挙式の場所。
やっぱり教会が良いとおっしゃるJohnさんと
どこか外でガーデンウェディングが良いのでは?というpica
出だしから意見が違います。
ふむ、ま、わたしは漠然と考えてただけだし、真夏の外はちとキツイかも。
それにJohn君はカトリックの信者だから
やはり、教会挙式にそれなりの思い入れがある模様。
ここはひとつ譲っとくか。後々得するかもしれんしなwとのpicaの思惑もあり
教会ですることでひとまず合意。

披露宴に関しては、こっちもやっぱりピンキリでね。
レセプション会場はホテルかレストランが一般的。
こじんまりとやりたい人は家とか。

日本の披露宴ったら、なんかいろいろ典型的なのがあるけど
オーストラリアはどうなの?とたずねましたらば、
飲んで食事して飲んで、誰かがスピーチして、ケーキカットして。。。
レストランやレセプション会場なら、新郎新婦にはひな壇があって
ゲストの座席は決まっていて、そこそこフォーマル。とのお答えが。

う~ん、どうもピンと来んのよね~。picaらしくないっちゅーか。
もっと、ゲストとの距離が近いパーティーがしたいのよ、わたくしは!
お金も無いしね^_^;

そんなわけで、第一候補はJohn母宅でのパーティーです☆
これなら、自分達でケータリングやら飲み物やら頼めるし
いわゆる手作りのパーティーにできるやんね~♪
うんうん、いいんちゃう!と2人合意。

とまあ、こんなカンジで第一回目の打ち合わせは終わりましてん(^^)
とりあえず、2人の頭の中に共通のイメージがわくところまで行ったので
今回はこれでヨシです。

また来週~♪
[PR]
by hopjican | 2007-04-11 23:10 | 結婚準備

家を買う。

今までに何度か話題にしたことがあると思うけど
オーストラリア人は生活に合わせて家を購入します。

独身→結婚→子ども→子どもの成長

と、人生の節目ごとに家を買い換えたり引越しするそうで、
彼らの平均生涯引越し回数は8回だとか9回だとか。

これは、『家は一生で最大の買い物』という感覚の日本人には
かなり驚くことです。
しかも、ライフスタイルの変化による引越しだから
おんなじ地域の中でぐるぐる引越ししてたり、とかなんですよ。
John君も例に漏れずかなりの回数引っ越してまして
何歳から何歳まではどこに住んでいて、その後何年間はどこで、、、、
という引越し履歴も、最近ようやく覚えてきたところです^_^;

さて、そんなオーストラリア人にとって
家を買うことはすごく当たり前のことなのです。
「賃貸に住むなんて、お金の無駄だ」と言ってのける人も少なくありません。


が、ここ最近の不動産価格の上昇率は半端じゃないんすよ。
めちゃめちゃ売り手市場やし。
もうすぐ、オーストラリアでも『家は一生で最大の買い物』時代がくるんじゃないかと思ってるんですが、わたくし。。
実際、価格的にはそのくらいのところまで来てると思うんだけど
人間の感覚がまだついていってないんでないかな~。

しかも、金利が7.25%とバカ高い!
普通にローンのシュミレーションとかしたら
最終的に借りたお金の2.5倍くらいの金額を支払わなければ
ならなくなるのよ、その金利だと!!
4千万なら1億?そんなアホな!Σ( ̄ロ ̄lll)

ね?納得いかんでしょ?


果たしてこの不動産の高騰がただのバブルなのか
ようやく正当な価格に評価されてきただけで、今後値下がりはないのか
その見極めには。。。まだしばらくかかりそうです。

だって、固定金利でバブルはじけてごらんよ?
泣くに泣けんよ??


でも、家は欲しい。やっぱりloto当てるしかないですか( ̄(エ) ̄) 
[PR]
by hopjican | 2007-04-07 23:25 | aussie life

good friday

今日からJohn君は月曜日まで4連休。
これは、イースターのお休みなんだそうです。

イースターは日本語では『復活祭』と訳されてますかね。
あんまり意味がわかってなかったんだけども
キリストさんが磔にされて3日目に復活したことをお祝いする、
キリスト教ではかなり重要な行事のようです。
ウィキによりますと
『春分の日の後の最初の満月の次の日曜日』に行われるので
毎年日にちが異なるのだそう。

で、今年は今日にあたる金曜日がキリストが磔にされた日で『good friday』
昔は、普段の金曜日もお肉を食べるのが禁止だったキリスト教。
(今でも、フィッシュアンドチップスは金曜日によく売れる)
現在、そのような決まりはありませんが、good fridayだけは
お肉を食べる人はほとんどいないのだそうです。

日本では、クリスマスはもはや国民行事で
最近ハロウィーンなんかもメジャーになってきたけど
イースターはまだまだ知名度低いですね。

イースターのシンボルはイースターエッグとウサギで
この時期、いろんな店先に卵とウサギのチョコレートが所狭しと並べられます。
それは以前から知ってたんだけど、初耳だったのが
hot cross bunsという、十字架の模様の入ったパンを食べること。
イースターfoodらしいです。
なんでか? 。。。とても長くなるので割愛です(よく知らないし^_^;)
周りのキリスト教徒の方に聞いてみて下さい。
e0112883_1950863.jpg
                hot cross buns

カソリックのJohn君家では、このホリデイに一家全員集合です。
日曜日には、みんなで教会に行ってからブランチ食べるんだって。

こういう宗教上の行事も、実際参加するとなると考えるところですが
(わたしはキリスト教徒ではないので)どんなんでしょうね。
あんまり気にせんでいいんかなぁ。
[PR]
by hopjican | 2007-04-06 23:39 | aussie life

いよいよ開幕!

というても、プロ野球の話ではございません。
footy(オージールールズ フットボール)のことですよん♪

フッティは1チームは18人で、サッカーのように走り
ラグビーのようにタックルし、バスケのようにドリブルするスポーツなんす。
ボールはラグビーボールとおんなじ楕円形。
オーストラリア以外では、とんとお目にかかる機会はありませんが
いちおう日本にもチームあるのよ。


オーストラリアでは、国技のような熱中ぶり☆
老いも若きも、男も女もアツいのです。

もちろんJohn君も例外ではなく。
そんな彼の影響で、日本じゃラグビーもアメフトもまったく興味なかったpicaも
すっかりはまっちまいました♪

ルールも難しくないし、地元チームがあるし
なんてったって、選手がかっこよいのですw
ラグビー選手ほどごつくもなく
野球選手ほどお尻大きくもなく
適度にまっちょ♪るるる~。
(そんなわたしのひいきの選手は、
John君いわく、渋いchoiceだと^_^;)

昨シーズンはちょうどアデレードに滞在中だったこともあり
試合観まくりましたよ。
わがアデレードクロウズは
グランドファイナルでもかなりええとこまでいったんですが
残念ながら優勝ならず。
今年はどんなかんじでしょうか。

もひとつ個人的にわくわくしてるのは
tippingにも参加することにしたからです。
これはサッカーのtotoみたいなもんで
どっちのチームが勝つか、毎回全部のチームの予想をするんです。
いろんなところが独自のtippingを行ってますが
わたしが参加しているのはbws(メジャーなお酒のチェーン店)のもの。
トップになると、ワインやビールがもらえますw

他のチームのことなんて、さ~っぱりわからんのですけど
予想して当たったら楽しいし
今シーズンをせいぜい楽しませてもらおうと思てます(^^)
[PR]
by hopjican | 2007-03-31 21:14 | aussie life