南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

永住権が取れました☆

過去のvisa申請の経緯は『visa申請』のカテゴリを見てもらえたら
わかりますが、ざっというと以下のとおりです。^^

2007年 7月 フィアンセビザにて渡豪。
2008年 2月 スパウスビザを申請、受理。テンポラリースパウスビザ取得。

スパウスビザでの永住権の申請は2ステージにわかれていて
その1が↑のテンポラリースパウスビザになります。
それから2年後に、ほんとの永住権を申請できるようになるんですが、
それが今回めでたく受理されまして、これでオーストラリアには
無制限でい続けることができるようになりました。
ただし、5年毎に『オーストラリアに出入国できるビザ』を更新せなあかんのですが。

さて、今回のpicaのケースを記録しておきます。


長くなるんで、興味のある人だ↓どうぞ。



2009年12月下旬、DIAC(移民局)から

「永住権申請できるようになったで~。この手紙が届いてから60日以内に
 手続きしてな~~」というお手紙とともに
申請書等が送られてきました。


封筒の中身は

・statutory declaration(申請者用とスポンサー(パートナー)用
 婚姻が純粋で継続していること、経済的に、社会的にカップルとして生活していること
 などを宣誓する書類で、立会人のサインが必要です。
 A41枚分ほどの空欄に、自分の言葉で現在の状況等を書かなあかんのんですが
 あんまり難しく考えずに、ありのまんまを書いたらオッケーかと思います。
 申請者とスポンサーそれぞれに、必要とあらば2人の関係を、口頭もしくは文書で
 証明できる人が2人ずつ必要で、その人たちの住所や職業も記入が必要です。
 ※その2人に対して特に指定はなかったので、
  John君はお姉さんと友人、わたしはお義母さんとわたしの友達に頼みました。
  それで問題なかったです。

・チェックリスト
 もし子どもができてたら、それを書く欄があります。
 このときはそこに記入しただけで、出生証明とかいらんのんかな~?と思てたら
 案の定、後から出生証明のサーティファイドコピーを要求されました。
 最初っから同封してもええかも。
 あと、この2年間で訪れた国と期間を書きました。

・受取り通知書(acknowledgement card)
 自分の住所と名前を記入します。申請書がDIACに届いたことを通知してくれるハガキです。

その他、オーストラリアに1年以上住んでいた場合(このビザの申請なら
絶対該当しますよね)無犯罪証明書がまた必要です。(手数料43ドル)
これが一番時間がかかると思ったので、12月中に申請しときました。


以上の書類を
1月は日本に帰国をしていたので結局期限ギリギリの2月13日にメルボルンへ郵送。
18日に受取り通知が届く。
ちなみに、申請の手続きは3ヶ月くらいかかるかもな~と書かれてました。

その後10日ほどして、みずきの出生証明書のサーティファイドコピーを提出するよう
要請がきたんで、その週のうちに提出。

で、本日19日、永住権のお知らせのお手紙をいただきました。


何しろ、3ヶ月くらいかかるかもってDIACが言うてたくらいやからね
予想以上の迅速な動きに、めんを食らったpicaですが
これってやっぱりラッキーなんかな?^_^;


とりあえず、これでプライベートの保険にも入れるし
何より、グレーゾーンから抜け出せたんがうれしいです。


後もう少しでその申請やねん(≧∇≦)という方々、
この2ndステージは、それまでの過程から比べたらめ~っちゃ楽ちんです^^ 
お金もかからんし(送料と無犯罪証明書くらい)、証拠物の提出もないし。
ほんまに、なんも心配いらんで~♪

以上、誰かの参考になったらうれしいです^^
[PR]
by hopjican | 2010-03-19 22:35 | visa申請