南オーストラリア州アデレードに暮らすpicaとJohnくんの日々。2009年に長女みずきが、2012年に次女のさやが生まれて4人家族になりました。


by hopjican
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

妊娠がわかったら その2

さて、前回の続きです。

AかB、つまり公立病院でお世話になることに決めたら

南オーストラリア州では
1300 368 820(SA Pregnancy Information Number)
に電話します。




ここで、住所、氏名、生年月日と希望の病院を伝えます。
そしたら、リファレンス番号をくれるので、それをメモって
相手が、こちらの希望する病院に電話をつないでくれるのを待ちます。

ちなみに、ここに繋がるまでにもかなり待たされましたんで
音声案内が流れても辛抱強く待ちましょう^^

希望の病院は、公立なので住んでいる地区次第では
叶わない場合もあるようです。

で、ワタクシの場合Women's and Children's hospital(以下WCH)の
ミッドワイファリー グループ プラクティスに興味があるんです
と伝えたところ、WCHにつないでくれたんですが
くれたリファレンス番号のアルファベットは別の病院のもんでした(汗)
電話で、「これ、フリンダースのじゃない。なんで、こっちにつながったの?」
とか聞かれたし。知らんがな。。。

で、WCHに繋がったら(これまた、けっこう待った)
また、住所、氏名、生年月日と妊娠何週目かというのを伝えます。
このときに、ミッドワイファリー グループ プラクティスに興味がある旨も伝えましょう。

向こうから、何日の何時に予約可能か言うてくるんで
そこで話して予約成立です。

「後から、問診表を送るんで記入して送り返してください」
と言われたんやけど
これが、次の日届いてびっくり。
オーストラリアにあるまじき速さです^_^;

問診表のほかに、当日持ってくるもんとかが書いてあります。
・血液検査の結果
・超音波の結果(あれば)
・あなたに関する、医療情報すべて
・同封のパンフレットは読んどいてな~

ってな感じです。

血液検査については、GPが段取りをつけて、用紙をくれるはずなんで
それは済ませておきましょう。

で、問診表には、名前と住所、メディケアの番号とか
プライベートの保険に加入しとるかどうか、
加入しとる場合はそれを使いたいかどうか
等々の一般的なことを記入して、送り返します。

ちなみに、予約の日時が書いとるところに「3時間はみといてな」
なんちゅーカッコ書きがあって、ビビるJohn君とワタクシ^_^;
なんでそんなに長いことかかるんだろか。。。

予約の日時、最初は24日と言われたんですが
「そん時はアデレードにおらんのんで無理です」言うたら
「じゃあ、11月6日で。」と。

そんな先でええんかぁ。。。
なんか、のんきよのう。

と、とりあえず、AかBを選択した人は、最初の一歩はこんな感じです。

ちなみにこれはSA州の場合なんで、ひょっとしたら他州は違うかも。
特に、病院の予約の仕方とかな。気をつけてくださいまし。

次は、病院行ってからやな(・ω・)
[PR]
by hopjican | 2008-10-05 15:42 | オーストラリアで妊娠&出産